首都圏や全国のマンション事情2017|今マンションは売り時?買い時?

首都圏や全国のマンション事情2017|今マンションは売り時?買い時?

首都圏を中心として、全国のマンションはここ10年間値上がり傾向にあるので、今現在を含め今後も高く売れる可能性があります。具体的には、首都圏でプラス1千万円、全国平均で900万円程値が上がっています。

 

しかし、価格が上がるというのは、逆に買い手が付きにくくなることを意味したり、手放したくても手放せない恐れを含んでいます。高額で売却を望むのであれば、現状のまま物件を持ち続けることで、将来的に高く売れる可能性が得られるでしょう。

 

問題は、マンションの買い手が付くか否かで、価格を理由に買い手が購入を断念する状況になれば、結果的に売り手の不利に結び付きます。確実に物件を売却したい、そう希望するなら、今後も続く首都圏中心の値上がりを考慮して、早めの段階で手放すことがポイントになります。

 

これは、全国何処でも共通するポイントなので、いかに素早く手放すか、そして確実な売却を実現する手掛かりを得ることが大切です。マンション価格が上昇する理由は、建築資材の材料費高騰を始めとして、2020年に開催される東京オリンピックの存在が挙げられます。前者は需要であったり、資材を輸入に頼る状況が高騰を招いているので、個人で対応することが難しく対処は現実的ではない問題です。

 

後者は期間的なものなので、2020年を過ぎれば再び下落に転じる可能性があります。大切なのは、幾らで売却したいか希望額を出して、何時売るか計画を立てる点にあります。

 

今は売り時?

 

今は売り時かという問いに対しては、答えの半分がイエスで、残り半分はノーと答えることが出来ます。

 

その理由は、物件を投資対象として考える場合、最も価格が上がるタイミングを待った方が、高値で売れる可能性が高まるからといえます。

 

一方で、価格の高騰は売却チャンスを逃すリスクにも繋がりますから、タイミングを間違えないよう、予め計画的に売却を検討することが重要です。より確実な売却を望むのであれば、今後数年間が買い手を探す絶好の期間になりますし、オリンピック開催までに見付けることがコツになります。

 

仮に買い手が見付けられなくても、オリンピック終了後の首都圏マンション価格の下落と共に、買い手が増えて売り手が有利になると考えられます。現在よりも価格は下がりますが、ここはあえて売却を見送る方針を選ぶと、現実的に売却しやすい状況で手放せます。

 

反対に、物件を高値で手放したなら、買い手が見付かる確率は下がるものの、価格が天井まで上がった瞬間を狙う方法があります。

 

ただ必ず購入希望者が見付かる保証はなく、通常は物件の評価が下がり続けますから、数年後に妥当な売却価格を設定して、その中で高く売れるように検討する必要があります。

 

首都圏ではマンションは売れやすいかも

 

首都圏であれば、購入希望者が見付けやすいですが、物件の価格が評価よりも高過ぎると思われては、折角のチャンスを逃してしまうでしょう。
全国平均自体は、比較的値上がり幅が小さいので、首都圏から離れた方が売りやすくなると考えることが出来ます。
物件は移動することが不可能ですし、場所を変えずに売却する必要があるので、立地のある地域で価格の推移を見守ることがおすすめです。
価格が上がり続ける場合は、あえて価格を下げて売却を検討したり、値下がり時は少し値段を上げて売りに出してみるのも一つのやり方になります。
マンションの適正売却価格が分からず、値付けに迷っているのであれば、物件の査定や売却を手助けする業者の力を借りるのも有効です。
これらのサービスを利用すると手数料は発生しますが、価格が高騰している現在なら、多少の負担が増えてもそれに見合うリターンが得られます。
勿論、100%売れるという保証はありませんが、物件の売却を良く知るプロなら、売却の確率が上がる物件を魅力的に見せる技術が活かせます。
全国的に上がる物件の価格は、投資目的として魅力的な状況ですし、購入時よりも高く売れる期待感が発生します。
利益を得る為には、売却成約を結ぶ条件が絶対に必要ですから、売れなければ宝の持ち腐れになってしまうでしょう。

 

右肩上がりのマンション価格は、必ずしも手放しで歓迎されるものではなく、手放すタイミングの見極めを難しくしている点が問題になります。
将来的に価格が上がり続ければ、現在以上に売れにくくなることは明白なので、今直ぐ売りたい人に対しては、今が売り時と断言することが出来ます。
少なくても、値が上がり始める以前に物件の購入が行われていれば、今手放しても十分に利益が増えます。
物件を持ち続ける理由がなく、不動産的な価値よりも現金収入を希望するなら、全国的に今が売却の検討に適しています。
右肩上がりに価値が上がる物件も、価格が高騰する理由が失われれば、急激に下落してしまうリスクが表面化します。
不動産を所有して温める、それも悪くない選択肢ですが、大切にしても何れ価値は下がってしまうので、高値が付いて買い手が見付かる今がベストな売り時の一つです。